ハイクオリティーシーリング材「オートンイクシードプレマエディション」

「シーリング材」とは建造物の外壁材の継ぎ目や隙間(目地)、窓廻り部分の隙間など、
建物に存在する隙間に充填する材料のことです。
シーリング工事は建物の水密性、気密性、耐震性を保つ上で大変重要な作業です。

常に雨や風の影響を受けている外壁は、年月が経つにつれて劣化が進んでいきます。
シーリングの劣化やひび割れを放置すると、雨漏りや漏水、外壁の剥がれ等の原因になります。

「超」長期耐久×「超」耐候性
オートンイクシードプレマエディションは可塑剤を配合しない新開発「LSポリマー」を採用。
経年による硬質化を防ぎ、長期的な柔軟性の維持を可能にしました。
また、亀裂・剥離を長期抑制するすぐれた密着性・耐久性と
雨、風などの過酷な自然環境や四季の温度変化に強い、高い耐候性も発揮。
長期的な防水性と耐震性の維持により、建物の長寿命化に貢献します。

弊社ではオートンイクシードプレマエディションの講習を受けており、
一定基準を満たしている建物には保証書を発行致します。